« Old: | New: »

2010.11.
29

今月のパン教室

今月で修了予定のパン教室。2週続けて行ってきたよー。
まずはコーンブレッドとプルマンブレッド。

プルマン、て四角い食パンのことだよーん。
イギリスで貨物のことさすんだって。食パンケースにふたして焼くので、食感がもっちりなるのが特徴。ふたしないと、「山形食パン」になって、食感はふんわり〜、ね。

コーンブレッドは食パン生地にコーンを混ぜて、パウンド型に入れて焼くの。
すいやせん、説明短くて。。。コーンあまり好きじゃないのでワタシ。
ほとんどをだんなさんに食べさせる計画。←冷凍中。

そして2回目のパン教室。
シュトーレン2種。

ナッツたっぷりマンデルシュトーレンとドライフルーツたっぷりクリストシュトーレン。

シュトーレンてクリスマス(正確にはクリスマス前のアドベント期間)のパンみたいなお菓子みたいなやつ、ドイツ生まれの。
全体像はこんなんだよ↓

でもさ。
パン屋さんとかお菓子屋さんで売られてるのは、3きれくらいぽっちりで500円とか1000円とかするすんげえお高いわけ。
ブランデー漬けのドライフルーツたっぷり、表面には粉砂糖どっぷり、カロリー満点そう、かなり日持ちすることから柔らかくはないだろうという先入観もあり。
だから名前は知ってたし見たこともあるけど食べたことはなかった。

でも今回作ったこれは、強力粉をまぜてある(普通は薄力粉オンリーだからケーキに近い感じになる)のもあるしブランデーも控えめにしたできてすぐおいしく食べれる前提のレシピなの。
表面の粉砂糖はなくてもおいしかった。
つーか、ブランデーを塗ったあとアプリコットジャムを塗ってあるので、どんだけ粉砂糖をふってもとけて見えなくなった(悲)

うん、これなら簡単だしおうちでもクリスマス前に作ったらいいかもなーって思った。
パンの先生は毎年20本くらい焼いて、お歳暮かわりに、買ってまであげるほどじゃないお礼として、毎年配るんだって。
ファンがいて、年末前のくそ忙しいときだけどやめられないの〜って言ってた(笑)

スライスするパンには欠かせないナイフ。

ウェンガーの波刃スライサー。
母からこの新しいパンナイフをもらってから、食パンスライスがストレスフリーに。
とってもよく切れるの、このナイフ。
柔らかいものも楽々〜。
おすすめよ。
ワタシがすすめなくても、十分すでに有名みたいだけどね、きゃは。

あとは先週あけた無塩バターが200g弱あるので、里帰りまでにバターたっぷりケーキを焼いて大半を消費しとこう!
さて、何焼こうかな♪
おいしくて身にならないものなら最高なんだけどな(ノω・、) ウゥ・・


拍手する

Trackback URL

Comment & Trackback

No comments.

Comment